交流会

交流会は、年一回の新春交流会と、年二回(春と秋)のIメイト会員交流会の2種に大別されます。

NEW 2017年新春交流会 2月11日

2月11日、昭和女子大学でアジアの新しい風の新春交流会が開催されました。

72名の参加者の前で留学生が「留学先から見た母国」というテーマでプレゼンテーションを行い、その後ランチを取りながらの懇親とグループディスカッションが行われました。

審査では1位に劉詩璇さん、2位にドアン・ヴ・リン・チーさんが選ばれました。

以下の写真でその雰囲気をご覧ください。

 

開会の挨拶 加納理事長

IMG_6401

 

ゲストの段躍中さん(日本僑報社編集長)

IMG_6343

 

ゲストの王亜民さん(東京工業大学職員)

IMG_6346

 

留学生によるプレゼンテーション

IMG_6406

 

1位 劉詩璇さん「中国のグローバル化と私の夢」(左)

2位 ドアン・ヴ・リン・チーさん「ベトナム人に身近な動物と現代のベトナム語への影響」(右)

*タイトルをクリックするとプレゼンの様子が動画でご覧いただけます

IMG_6356     IMG_6396

 

ジンダー・ペッパイリンさん「私の見た日本とタイの多文化」(左)

譚立さん「配車アプリはなぜ中国で成功し、日本で失敗したのか」(右)

IMG_6361    IMG_6375

 

クスマー・タイニコンさん「タイのジャパナイゼーション」(左)

徐榕蔚さん「中国の料理文化の魅力」(右)

IMG_6402    IMG_6415

 

司会の王鶴さん

IMG_6349

 

ランチ交流

IMG_6420

 

グループディスカッション

IMG_6424

IMG_6428

 

2016西日本地区Iメイト交流会 11月26日

西日本地区Iメイト交流会を11月26日(土曜)神戸市内で行いました。

午前10:30~正午  市内散策(市庁舎、東遊園地、旧居留地)
正午~午後2時    レストラン・ラオファンで昼食懇親会
午後2時半~4時   竹中大工道具館を見学

留学生14名、日本の会員ら13名が参加しました。写真で様子を紹介します。

 

六甲山の山並みと海に囲まれた街、神戸。幕末の開港以来、国際都市として近代日本の発展を支えてきました。また新しい産業の担い手を育て、お洒落な文化の街として知られています。NHKで放送中の朝のドラマ「べっぴんさん」の舞台でもあります。まずは神戸市庁舎展望ロビー(地上24階)に登り、震災から復興した街の姿を確認しました。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%91

 

市役所を出て隣の東遊園地へ。明治8年、外国人向けに整備された園内で、阪神淡路大震災の犠牲者に哀悼を捧げたあと、石の彫刻を前に、案内役の武田理事の説明に聞き入る参加者の皆さん。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%92

 

旧居留地は開港を機にやってきた外国人のビジネス居住拠点、今でもレトロな建物がいくつも残っています。武田さん作成の資料を手に、都市計画による街造りの跡をめぐり、日本の近代化の歩みを振り返りました。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%93

 

旧居留地から南京町の前を通って、元町の中華レストランで昼食懇親会を開きました。東京から参加の上 高子理事は、留学生の皆さんに来年2月に東京で開催の「プレゼンテーション大会」への参加を呼びかけました。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%94

 

昼食をとりながら、留学生全員が「日本へ来て最も驚いたこと」を織り込んでの自己紹介を行いました。それについて、日本の会員がコメントを返すなど、活発な意見交換があり、約2時間の懇親昼食会はなごやかに終了、レストランから竹中大工道具館へ向かいます。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%95

 

新神戸駅のそばにある竹中大工道具館では、日本の寺社や茶室などの建築様式、それを実現した大工道具などについて説明員から詳しく話を伺い、留学生は興味深々の様子でした。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%96

 

竹中大工道具館の前で全員で記念写真をとり、晴天に恵まれた秋の神戸での交流会は終了、その後、有志でカラオケを楽しみ、交流を深めました。

%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%ef%bc%97

 

NEW 2016年秋のIメイト交流会 11月5日

14:30~17:30 東京江戸博物館の見学

18:00~20:00  すみだ産業会館で懇親夕食会

参加者は留学生29名、日本人会員27名。初めて留学生の数が日本人会員を上回りました。午前の部にも参加した人たちにとっては、長~い一日でしたね。写真で様子をご紹介します。

 

東京江戸博物館見学の留学生と会員。「日本橋」の上で。

「ディスプレイが素晴らしかった」と留学生たち。

dsc00923

 

懇親会で、大学ごとに歌を披露。こちらは貿易大の学生たち。

歌詞はすべてスマホを見ながら。

dsc00968

 

パジャジャラン大学派遣教員斉藤先生が、10月の同大学で短期滞在の報告。

「次回の交流会はインドネシアの学生たちも参加します」

dsc00980

 

Iメイト会員で元タマサ―ト大のコーディネーター古畑さんから

「Iメイト交流の通信手段」のプレゼンテーション。

dsc00988

 

古畑さんのプレゼンを基に、8グループに分かれてディスカッションをしました。

いろんな意見が出ましたので、アジ風新聞に掲載します。

dsc00989

 

2016年春の西日本地区交流会 6月18日(JICA関西にて)

6月18日(土曜)、神戸市内のJICA関西で、西日本地区Iメイト交流会を開きました。留学生12人と日本の会員15名の計27名が参加し、留学時代のIメイト交流の在り方をテーマにパネルディスカッションをしたり、日本企業への就職希望者への支援セミナーなどを行い、楽しく、有益な時間をすごしました。

 

午前中は「留学生とのIメイト交流の進め方ー邪魔にならず、疎遠にもならない方法はー」をテーマとするパネルディスカッション。

DSC05529

 

右から、司会の武田 高さん、パネラーの崔 振宇さん(阪大博士課程)、含本一雄さん、今井 進さん。

DSC05530

 

昼食はJICAのレストランでチュニジア料理をいただきながら、会話が弾みました。

DSC05537

 

午後の交流会を再開。出席した留学生が一人一人、「日本で最もびっくりしたこと」とのお題を入れて自己紹介。

DSC05539

 

奥山事務局長からバンコクでの三国交流など、最近のアジ風の活動を紹介。横の壁に、新たに作成したアジ風の横断幕。

CIMG3559

 

中村一郎理事による就活支援セミナーを西日本で初めて開催。留学生を前方に集め、会員も見守る形で行いました。

DSC05544

 

事前に就活支援通信の復習を指示したこともあり、中村理事の話は、「具体的で分かりやすかった」と留学生。

CIMG3585

 

交流会を終えて、隣接する「人と未来防災センター」を見学。入場を待つ間も、交流が続く。

DSC05551

 

一日の疲れをいやし、交流をさらに深めたカラオケ大会にも、多数の留学生、会員が参加しました。

DSC05556

 

2016年春のIメイト交流会  4月17日(NHK青山荘にて)

今年のIメイト交流会は二部構成で開催いたしました。

第一部では、近く開始するインドネシアとの交流に関連し、「インドネシアの大学と交流を開始するにあたって」というテーマで講演およびパネルディスカッションを行いました。

続く第二部では、日本での就職を希望する留学生を対象に、就活セミナーを初めて実施しました。

当日は留学生10名を含む54名の参加者で賑わいました。

 

司会は学生会員の宋天鴻さん(元Iメイト学生・現東大院生)

DSC07143

 

奥山事務局長の開会あいさつは「熊本の地震のお見舞い」から始まりました

DSC07145

 

前インドネシア特命全権大使・鹿取克章氏による講演「インドネシアで感じた事」

DSC07150

 

パネルディスカッション「インドネシアとの交流に備えて」

パネラーは鹿取氏に加え、東大名誉教授・加納啓良氏、会員の斉藤利治さん

DSC07153

 

上理事が、昨秋に訪問したバンドンのパジャジャラン大学のビデをを紹介

DSC07161

 

懇親会でごちそうを前に

DSC07163

 

Iメイト自慢をするパートナー同士

DSC07166

 

就活セミナーで説明をする中村理事

DSC07220

 

面接のロールプレイを指導する上篤さん

DSC07236

 

2016年新春交流会  2月13日(JICAにて)

2016年新春交流会が市ヶ谷のJICAで行われました。

今年はタイとベトナムの学生6名が「私の見た日本人像」というテーマでプレゼンテーションを行い、1位、2位、3位にそれぞれ賞状と賞金が贈られました。

そのあとは、エスニック料理のランチを取りながら、会員と留学生、初めて会う人も、旧知の人も、ゲストの方も交えて、にぎやかに会話を楽しみました。

 

上高子理事長代行より挨拶

DSC05383[1]

 

プレゼンターの面々

~日本人の姿から学んだことや日本人への要望が語られました

DSC05386[1] DSC05394[1] DSC05409[1]

DSC05396[1] DSC05424[1]

 

1位に輝いた、

ハーチャウ・バオ・ニーさん(ハノイ貿易大学から同志社大学へ留学中)

タイトル「日本人の仕事ぶり」

DSC05419[1]

 

懇親会にて

DSC05436[1]

DSC05437[1]

DSC05456[1]

 

2015年秋のIメイト交流会  11月7日(早稲田奉仕園にて)

「リンボウ先生の講演と交流会」と題し、前半は今年9月まで当NPOの理事長であった林望氏よりご自身のイギリス留学経験についてお話頂きました。後半は、旧Iメイト学生4名をパネラーに迎え、留学をテーマにパネルディスカッションを行いました。当日は留学生22名を含む多くの参加があり、賑わいました。

 

司会の唐朝さん(元Iメイト学生)

司会の唐朝さん(元Iメイト学生)DSC04443

 

会場が大勢の会員と留学生でいっぱいになりました

会場を埋めた会員と留学生たちDSC04458

 

林望氏ご講演「私の留学時代」~異文化体験の意義を学びました 

林望さんご講演「私の留学時代」DSC04454

 

パネルディスカッション ~留学体験をユーモア交えてお話してもらいました

パネラーの4人と司会の福田さんDSC04495 - コピー - コピー

 

参加の留学生が次々に紹介されました

紹介される留学生たち1DSC04476 紹介される留学生たち2DSC04483

紹介される留学生たち3DSC04485 紹介される留学生たち4 DSC04490

 

2015年春のIメイト交流会 4月25日(浜離宮恩賜庭園等にて)

春のIメイト交流会は浜離宮恩賜庭園散策と、水上バスにて隅田川を川下りの体験をしました。会員と役員で25名、留学生15名の総勢40名でした。解散後もなかなか別れがたく、大勢が残って食事とカラオケを楽しみました。

 

浜離宮・中島の茶屋で抹茶と和菓子と味わう。

017

 

この集団はひどく二極分化の年齢ですが、どういうグループなんでしょう?

087

 

水上バスは約45分、隅田川を遡ります。川登りというのでしょうか。

101

 

浅草雷門の前で。迷子にならないよう「アジアの新しい風」の旗を見失わないで。

107

 

「土風炉」という居酒屋で、気炎を上げるIメイト学生たち。

111 (2)

 

 2015年春の西日本地区交流会 4月12日(神戸市灘区・JICA関西にて)

西日本地区春の交流会を行いました。タイ、ベトナムの留学生6名と日本の会員ら16名が参加しました。ハノイでの3国交流会の参加者によるパネルディスカッションのあと、留学生代表2名が「私の日本新発見」と題してスピーチを行い、それを受けて、3グループに分かれて異文化交流での相互理解について、ディスカッションをしました。そのあと、20年前の阪神・淡路大震災を記念した「人と防災未来センター」を見学、最後はカラオケ大会で盛り上がりました。

<3国交流会の概要を報告する奥山事務局長>
 DSC05371
<3国交流会参加者6名によるパネルディスカッション>
 tanaka1
<「私の日本新発見」をテーマに留学生がスピーチ>
  ①ホアン・ゴック・チャンさん(ベトナム、京都工芸繊維大学)
tanaka4
  ②チャイワッチャラさん(タイ、名古屋大学)
 tanaka5
<エスニック料理をとりながら3グループに分かれ意見交換>
DSC05429
<「人と防災未来センター」では20年前の大震災の恐怖とその後の街の復興を実感しました。>
 DSC05452
<最後はカラオケで盛り上がりました。>

DSC05522

 2015年新春交流会 2月14日(神戸大学東京六甲クラブにて)

今年は留学生6人が「私の考えるグローバル人材」というテーマでプレゼンテーションをしました。参加者全員の投票で1位、2位、3位が決まりましたが、6人とも素晴らしい発表をして、参加者を唸らせました。ランチを取りながらの懇親会では、留学生を囲んで、あるいは久しぶりに会う会員同士で話が弾んでいました。詳しい内容は次号のアジ風新聞にも掲載します。

【動画はこちらをご覧ください】

留学生のプレゼンテーション

上理事長代行の開会の挨拶を聞く参加者

7

 

プレゼンターの6

13  2630211724

 

清華大学に派遣の宮崎先生が清華大学日本語学部の紹介と学生の状況を説明
32

 

中村審査委員長の発表を待つ6名のプレゼンター
68

 

閉会後、留学生と有志で皇居散策した後はカラオケを楽しみました
91

 2014年西日本地区秋の交流会 11月30日 大阪府吹田市にて

重要文化財 旧西尾家住宅を訪問
21

 

武田五一設計の欧風離れで

60

 

主屋広間で抹茶の作法を学ぶ

86


昼食懇親会で見学会の趣旨を説明する田仲・西日本地区事務局長
111

留学生の自己紹介
117

 

最先端ビール工場見学を終え、詳しい説明を受ける
214

 

明治20年代の息吹を感じた楽しい一日でした
290

 

 2014年秋の交流会 11月2日 JICA地球ひろばにて

なぜ今、「ハラスメント」か。背景を話す 上 高子Iメイト交流担当理事

0335

 

「ハラスメントの基礎知識」についてレクチャーする 中村一郎CSR担当理事

0337

 

懇親会で、奥山寿子事務局長からインタビューを受ける、7組のIメイトペア

0343

 

エスニックランチ(辛ーいカレーが2種類)とその他に舌鼓(したつづみ)を打つ
0352

 

ビンゴゲームに歓声が挙がる。会員持参の賞品付
52276

 

恒例のグループディスカッションで、「ハラスメント」について体験を話し合う
0363

 

ディスカッションのまとめを発表する 古畑仁一Iメイト交流コーディネーター

50285

 

 

2014年9月15日 総会・講演会後の懇親会

 

2013年度 Iメイト・オブ・ザ・イヤーとして表彰される伊藤春雄さんDSC09076[1]

 談笑中の会員の皆さん

DSC09111

DSC09112

DSC09118

 

DSC09126

DSC09142

 

 

DSC09150

 

DSC09156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2014年3月30日 春のIメイト会員交流会~JICA地球ひろば

8
小雨の中傘をさしてお堀端を花見散策(飯田橋→市ヶ谷)

5
雨が途切れた一瞬に、傘を外して記念撮影する、留学生と会員(お堀端で)

ランチは屋根の下、JICA地球ひろば、セミナールームにて
12

定刻に41名の参加者全員が集合。感謝して挨拶する司会進行の上事務局長
19

初対面のIメイト同士を紹介。「会えてうれしい」と感想を述べる会員
2830
小俣さんとナンナタットさん(タマサート大)/ 古畑さんとディップスターさん(タマサート大)

留学生たちが、母国語で歌を披露
50
スマホで歌詞をみながら    中国人留学生

53
やっぱりスマホ        ベトナム人留学生

58
こちらはタマサート大の校歌  タイ人留学生

62
日本人は復興支援ソング「花は咲く」の歌詞をハードコピーで読みながら
(後姿はハーモニカ伴奏の坂上さん)

日本語の音声の特徴を話す奥山寿子理事(元日本語学校校長)
64

スカイプでの交流と発音指導
6384
スカイプの接続に苦闘する森郁子さんたち(接続不首尾)、
急きょ現場で実演(森さんと劉さん)

交流マナーについて4グループに分かれて話し合いました。
73
ケーススタデイで「感謝の表現の文化ギャップ」について話し合う留学生たち

76
ケーススタデイで「異性のIメイトとの交流」について話し合う日本人会員たち

ファシリテーターがグループごとのまとめを、発表しました。
86
伊藤春雄さんは、「相手に自分の基準で期待しないこと」と話し合いをまとめ、
異文化間の寛容性について話しました。

 2014年春節の交流会 2月1日 JICA地球ひろばにて

2

開会の挨拶(林望理事長の挨拶を代読する上事務局長)

 


ゲストのもりびとプロジェクト委員会・高橋佳夫副理事長の挨拶

 

13

派遣日本語教員・宮崎いずみ先生の報告「清華大学の学生たち」

 

14

南相馬植樹ボランティアについて報告する奥山寿子理事

 

19

親睦ランチタイム

 

37

南相馬の仮設住宅で歌った復興支援ソング「花は咲く」を合唱する参加者たち

 

4248 53

「日本のソフトパワー」について話す留学生

左から、宋天鴻さん(清華大出身)・ファイさん(タマサート大出身)・チャンさん(貿易大出身)

 

56

インタビューに答えて、留学中の体験を話す5留学生

左から、ハンさん(貿易大出身)、楊さん、秦さん、周さん(清華大出身)ウムさん(タマサート大出身)

 

93

8つのグループに分かれて、「日本のソフトパワー」についてグループディスカッション

 

95

話し合いのまとめを発表する6グループのファシリテーター・乃万克也さん

 

97 99

解散後はジブリ美術館とカラオケへ

 

 2014年新春西日本地区Iメイト交流会 1月13日JICA関西にて

[開催の挨拶と活動報告]

田仲和彦理事西日本地区事務局長より

 

[パネルディスカッション〜「異文化交流の楽しさと課題」]

DSC00822 DSC00803

パネリスト(左から、田仲さん、崔さん、日置さん、奥山さん)
日置さんは写真を交えながら交流の楽しさを紹介しました。

 

[講演「日本語指導と交流の注意点」]

DSC00827 DSC00813

奥山理事は実例などを入れてわかりやすく留学生・会員に講演しました。

 

[グループディスカッション]

DSC00882DSC00858

昼食をとりながら交流の楽しさや課題など豊富な話題で交流を深めました。

 

[いろはかるた取り大会]

DSC00938DSC00948-001

初めてのいろはかるた取りで、最初は緊張しましたが、最後は大爆笑も。

 

[表彰]~それぞれの景品提供者がプレゼンターとして入賞者に渡しました。

DSC00953DSC00970

(左)優勝した貿易大学 ダン・ティ・ハインさん(プレゼンターは含本さん)

(右)司会の大役を終えた学生会員の鐘吟さん(プレゼンターは狩塚さん)

 

[「人と未来防災センター」見学]

 DSC01004DSC00988

交流会終了後、留学生と会員の希望者が見学しました。

 

 2013年秋のIメイト交流会 11月17日(日)JICA市ヶ谷にて

私のIメイト交流体験を語る、左から道上哲也さん、レーマイフォンさん

司会の中村さん

日本語添削教室 レクチャラー 上事務局長

 

      

親睦会で、自己紹介.日本の印象について語る 劉インさん(写真上段) , 

常兆睿さん(写真 下段) 

 

グループディスカッション 事例研究(実際のIメイト交流からまなぶ)
貿易大グループ(写真上段)、タマサートグループ(写真下段)

 

東京江戸博物館、留学生と会員有志で見学しました

 

老若男女でカラオケを楽しみました。清華の学生は日本語の歌が上手。

 

 

創設10周年記念中国横断(シルクロード)交流旅行(10月12日~19日)

 

青海民族大学日本語学部の学生と交流、チベット族の学生が多い。

 

西寧の青海蔵文化博物院にて、チベットの歴史を壁画で巡回

 

家族会員張慧さんの実家を訪問。ご家族と交流する会員たち

 

旅行中毎食豪華な中華料理。地域民族によって少しずつ違う。

 

「西遊記」の孫悟空で有名な火焔山(トルファン)。

 

陽関の遺跡に向かって歩む。思いはさまざま。

 

「幻の楼蘭美女」は実は白人系、40代の庶民女性と判明。

 

ラクダに乗る。「月の砂漠を~」とうたいながら歩くこと5分。

敦煌。莫高窟はこの旅行のハイライトでした。

 

 2013年度9月1日総会、講演会後の懇親会

                              18:30分~ NHK青山荘にて
南相馬の植樹活動の寄付金を募る奥山理事

 

Iメイトオブザイヤー谷口由紀子さんの代理受賞 谷口理事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総会皆勤賞を受ける、坂上勝朗さんと西川恵美子さん

留学生と交歓する大石芳野さん

 

おいしいそうなご馳走!喜ぶIメイト留学生たち

 

Iメイトのパートナー紹介、4組の内の一組

  

2013年 西日本地区Iメイト交流会

姫路市国際交流センター(7月15日)

「10周年を迎えたアジアの新しい風」と題して田仲和彦関西事務局長があいさつ

ハノイ貿易大学の詩歌コンテストについて話す派遣教員の井上光恵さん

詩歌の暗誦コンテストの再演をアオザイ姿で、ホアン・ゴク・チャンさん

Iメイト交流の意義について話すチャン・マイ・フォンさん(ベトナム留学生)

Iメイト交流の意義について話すタンワーラット・スパン二ティさん(タイ留学生)

 「日本語をより理解するためには」をテーマに3グループに分かれての自由討論

ハノイ貿易大学の黒坂先生、元派遣教員の藤原美代子さんも交えてのベトナム関係者の記念撮影

 

 

 2013年 春のIメイト会員交流会 4月7日(日) 於 JICA

坂巻先生による日本語添削教室

ペアーで誤用添削を実例実習

石坂さんとスイリン(ユイ)さん

長谷川さんとタンワーラット(ファイ)さん

 グループごとにIメイト交流の事例研究

タマサートグループでは、日本人へのお礼の挨拶について

貿易大グループでは、熟年男性のIメイトとの面会について

まとめを発表するコーディネターの福山さん

 

2013年 新春交流会 2月9日(土) 於JICA

64名の会員が集い、留学生を交えて活発な意見交換が交わされました。

開会の挨拶をする上高子事務局長

協働するNPO森びとプロジェクト委員会 岸井成格理事長の挨拶を代読する 同NPOの松井富夫さん

西日本地区Iメイト交流会(書初めコンテスト)について報告をする田仲和彦理事

劉慧擬さん(清華大院生ー東工大院へ留学中)のスピーチ 「日本のこれから」 「あなたの夢は?」

JICA内のレストランでのランチで親睦会

3交流校7名の留学生への質問は 「日本の若者は内向きか」インタビューアー古海正子理事

8つのグループに分かれて 「日本のこれから」を話し合う

 

秋の「Iメイト交流会」 11月18日 於 JICA研究所 市ヶ谷

2012_11koryu

パネルディスカッションで「Iメイト交流と学び」について体験を語る新井雅夫さんと藤原ひさ子さん

奥山寿子理事による日本語添削教室

ビンゴゲームに興じる留学生

賞品を迷いながら選ぶ

グループディスカッション「先輩から学ぶ」

交流会解散後留学生たちと皇居前にて

夕食はカラオケボックスで

 

 2012年度 総会後の交流会 18:00より20:00 NHK青山荘

Iメイト オブザイヤー 受賞者 藤原ひさ子さん リンボウ先生 司会者 福山阿英さん

清華大学教授 馮峰先生とリンボウ先生

清華大学 派遣講師 磐村文乃さん

ハノイ貿易大学 派遣講師 井上光恵さん

留学生 ボランティア活動報告

復興支援活動のDVDを観る会員たち

 

「傾聴」講習会 4月8日(日)9:45~12:00(小金井市婦人会館)

上篤氏(キャリアカウンセラー)を招き、傾聴講習会が開かれました。 (参加者25名)

これは、4月21,22日の岩手県大槌町再訪に先立ち、被災者の方々に寄り添うコミュにケーションスタイルを学ぶのが目的で企画されたものです。

「傾聴」とは、カウンセリングに用いられる手法で、相手を全面的に受容する聴き方のこと。

一番列車で福島県から駆けつけて下さった、ご自身も被災者の弁はとても印象に残りました。

「これからも被災地で生きて行く上で、「傾聴」は大変参考になりました」

被災者のお話をお聴きする側の私達のみならず、お話をして下さる被災者の方々、

双方にとって意義深い「傾聴」。

せわしない日常だからこそ、常に心がけていきたいものです。

講義中の上篤氏

ロールプレイングする受講者

2012年新春交流会 1月22日(日) 、於JICA

74名の会員が集いました。
今年も活発な意見交換が飛び交い、予定の時間をオーバーするほどの盛会となりました。
-被災地へ冬物衣料を送る-
昨年ボランティアに赴いた岩手県大槌町の仮設住宅のみなさんのご要望により、
当日持参いただいたものを、増子花巻市会議員を通してお送りしました。

上理事長代行から新年の挨拶。これからのアジ風について語る。

ワリトン先生(タマサート大学)タイにおける日本語学習環境の実態を報告。

アジアの大学へ日本語教員(派遣教師と会員)、自己紹介と任地での活動報告。

親睦ランチはエスニック料理で会話も弾みます。

自己紹介と「日本語選択の動機」について、インタビューに答える留学生。

留学生を交えて、互いの理解を深めるためには欠かせないグループディスカッション。

留学生に大人気のジブリ美術館にて。

留学生支援関西支部発足・第一回新春交流会
1月9日(祝)於JICA兵庫国際センター

27名の参加者が自己紹介

親睦ランチ

Iメイト交流について、グループディスカッション

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター見学

秋のIメイト交流会」10月23日 於三井住友海上渋谷研修所

パネルデイスカッションで、Iメイト交流について語る 森郁子さんと竹宮聡さん

 

「グループディスカッションのまとめをする、元清華大Iメイトの郭韻さん」

「読後感想文コンテスト一位の表彰を受けた 馬琳さんと コメントを述べる審査員の谷口さん」

 

 

9月04日 総会後の交流会 NHK青山荘にて

講演者紹介をする、福山阿英さん

ハノイ貿易大での一年を報告する、元派遣教員の増本純子先生 「べトナムの変化の速度は速いですよ」

上事務局長より、Iメイトオブザイヤーの表彰を受ける会員・杉本茂樹さん

7月28日 帰国前の留学生と会員で、東京湾ナイトクルーズ「屋形船」

乗船前の集合

座敷で食事

中国語の歌を歌う清華大留学生

ベトナム語の歌を披露する貿易大留学生

●新春交流会
旧正月には、会員と留学生が集まって、新年を祝います。少人数グループに分かれ、「多文化共生」に関連のあるテーマについてディスカッション。留学生や外国人会員の日本に関するコメントは、日本人会員にとって、自文化について深く洞察する機会となります。
●Iメイト会員交流会(春と秋)
Iメイト交流(日本語学習者の学生と会員との一対一のメール交換)について、体験談、事例研究、と通して、「多文化共生」について学びます。

 

2011年2月5日新春交流会 JICA地球ひろばにて

新年のあいさつ(上高子事務局長)

 

タマサート大学訪問報告(森郁子さん)

 

貿易大学派遣教師の報告(増本純子さん)

 

タマサート大学派遣前挨拶(三角友子さん)

 

親睦ランチ

 

留学生の自己紹介とインタビュー(清華大学生)

 

グループディスカッション「アジアのこれから」

 

2010年11月21日 三井住友海上研修所にて

外国に住むことについて話す(上事務局長)

 

留学生とIメイト会員全体で自己紹介

 

グループ研修のまとめを話す(杉本茂樹さんーIメイト会員)

 

グループ研修のまとめを話す(呉際さんー北京大大学院)