NPO法人森びとプロジェクトとの協働

2009年の総会で、岸井成格理事長に講演をいただいて以来、NPO法人森びとプロジェクトと協働しています。アジアの若者にも、「山と心に木を植える」という理念に共感してもらいたいと願っています。

 

2018年5月19日「足尾・ふるさとの森づくり」参加

昨年に続き、会員8名・留学生5名の13名で「足尾・ふるさとの森づくり」に参加しました。当日の様子はこちらをご覧ください。

足尾・ふるさとの森づくりツアー(2018年5月)

 

2017年5月20日「足尾・ふるさとの森づくり」参加

会員12名、留学生8名の総勢20名で、森びとプロジェクト委員会主催の「足尾・ふるさとの森づくり」に参加しました。昼は美味しいお弁当、手作りみそ汁、こんにゃくを頂きました。帰路には日光東照宮を参拝し、長く、充実した一日が終わりました。

足尾・ふるさとの森づくりツアー(2017年5月)

詳しい報告はこちらをご覧ください。

 

2014年5月24日 「足尾・ふるさとの森づくり」参加

留学生9名、日本人会員7名の16名が森びとプロジェクト主催の足尾銅山での植樹に参加しました。著名な植物生態学者である宮脇昭教授がアジ風の学生達を指導して下さいました。

11

 

2013年10月6日 南相馬市防波堤の植樹祭参加

★2014年5月、2013年10月の植樹祭の様子はこちらからご覧ください。

 

2013年1月20日 森びとプロジェクト委員会の「森開きー新年会」に参加

   岸井成格理事長と記念撮影

2012年5月19日 タマサート大学生が植樹に参加

『サルと人と森』の読後感想文コンテストで優勝したタマサート大学の学生2名(アジ風Iメイト)が足尾銅山での植樹に参加しました。その感想を500名のみなさんの前で発表しています。

「タイではまだ環境への意識が低いですが、去年の洪水で対策に 乗り出し始めたようです。帰国したら今日の体験をみんなに伝えたい」と 話すシワポーンさんとジュンナリーさん

 

絵本『サルと人と森』の読後感想文コンテスト開催

2009年の総会で寄贈をいただいた『サルと人と森』の読後感想文コンテストを、2010年~2012年にかけて交流3校で行いました。

折しも2011年は未曽有の東日本大震災、またタイでの大洪水に見舞われた年であり、アジアの若者とともに自然環境保全について振り返る機会になりました。

清華大学での表彰式の様子

 

2009年総会にて 岸井理事長講演

2009年のアジ風総会にて「文明の岐路に立つ世界と日本」というテーマでご講演をいただきました。

 

絵本「サルと人と森」60冊の贈呈を受ける アジ風前理事長 林雄二郎