パジャジャラン大学

2016年度派遣教師の紹介

斉藤

斉藤  充弘  さん

このたびパジャジャラン大学(UNPAD)の派遣教員となりました斉藤充弘です。かれこれ20年ぐらい前の話になりますが、女子短大の教員をしていたときに、中国から留学生を受け入れたことがありました。そして、その際に彼女たちの勉学にたいする前向きな姿勢にたいへん感銘を受けました。そのころから、将来、海外の大学で直接彼ら彼女たちに何かを教え、またサポートをしていきたいと思っておりましたが、その夢がかないまして、前回は中国の大学で、そして今回は、インドネシアの大学で教壇に立つことができました。UNPADでは、2・3年生の会話の授業を担当しております。UNPADの学生は、勉学に対して非常に熱心です。授業中、スマホをいじったり、居眠りをしたりする学生もおりません。そしてなによりもありがたいのは、みんなとても元気で明るいです。これから、Iメイト交流の実施に向けて準備をしてまいりますが、こういう学生たちですので、必ずや実り多き交流が実現するものと思っております。ぜひ、これからはじまるインドネシアにおけるIメイト交流にご期待ください。

 

経歴:駿台法科専門学校講師、愛媛女子短期大学助教授、中国恵州学院日本語教師を経て現職。立教大学、法政大学、中央大学など国内大学における講義経験が豊富。教師歴は、27年。